落穂拾い
販売価格

85,800円(税7,800円)

購入数
サイズ

オプションの価格詳細はコチラ

【ご注意】額縁は在庫状況により写真と形状や色合いが違う場合がありますが、同系色のできるだけ同じような額縁をご用意させていただきます。何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

ミレーは、1852年頃から落穂拾いを主題とした作品を考えていたようで、多くの習作を制作しています。1853年には農民生活の四季を描いた同寸法の一連の作品、春(葡萄畑にて)、夏(落穂拾い)、秋(木こり)、冬(雑草を焼く女)があります。この主題を更に発展させたこの作品は、最下層の労働に従事する3人の農婦の姿を描いて、社会的メッセージを強く打ち出しています。



この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける